スポンサードリンク

2007年09月01日

トラブル@

 トラブルに遭遇した場合、程度にもよりますが基本的には現地警察へ届け出ましょう。不明な点があれば、在外日本大使館にてアドバイスをもらいましょう。

盗難紛失にあったとき
 ・パスポートの場合
  警察署に届け出て証明書を発行してもらい、現地の大使館や総領事館で再発給または「帰国のための渡航書」を発給してもらいます。海外で紛失して「帰国の為の渡航書」で帰国した場合、この「渡航書」が日本でのパスポートの再発給申請に必要になります。

 ・クレジットカードの場合
  クレジットカードを紛失した場合は即盗難届を出してクレジットカード会社に電話を入れ、カードを紛失した旨を伝えた上で使えないようにしてもらいます。
 万が一に備えてクレジットカード番号、連絡先、有効期限などを控えておきましょう。

 ・トラベラーズチェックの場合
  紛失しても再発行が可能です。該当の発行会社の再発行に必要な手続きや連絡先を予め確認しておきましょう。

 ・現金の場合
  ほとんど戻ってきません。このようなトラブルに備えて、多額の現金を持ち歩くことは避けましょう。私は必要なときは、クレジットカードのキャッシング機能を使い、ATMで現金を小額ずつ引き出していました。

病気ケガ事故にあったとき
 大使館に連絡をして、日本語の通じる医者や日本人がよく行く病院を紹介してもらう方法もありますが、医療機関については滞在しているホテルに紹介してもらうのがてっとり早いです。
 海外旅行保険に加入している場合には、保険会社に連絡します。
 ※ 病気、怪我、事故等、予測できないトラブルで多額の被害をこうむる前に、あらかじめ海外旅行保険へ加入されることをおすすめします。
posted by btrip at 23:16 | トラブル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。