スポンサードリンク

2007年06月06日

搭乗までの流れ

 最低でも空港には出発の約2時間前までに到着しておいた方がいいので、家を出るのは、それを計算に入れて早めに出発しましょう。それと、広い空港内を重い荷物を持って移動するのは大変なので、あらかじめ、インターネットなどで、航空会社のカウンターなどが空港のどこにあるのか調べておくといいと思います。
 それでは、空港へ着いてからどのようして飛行機に乗るのか、順を追って説明したいと思います。

【1】搭乗手続き
 空港へ到着したら、自分の利用する航空会社のチェックインカウンターへ行き、搭乗手続き(チェックイン)をします。
 カウンターで航空券とパスポートと預ける荷物(スーツケースなど)を渡すと、搭乗券と手荷物引換証を発行してくれます。

【2】セキュリティチェック
 チェックイン後、セキュリティチェックを受けます。
 機内に持ち込む荷物とボディーのチェックを受けます。荷物はX線による検査装置を通し、ボディチェックは、金属探知機のゲートをくぐります。

【3】税関手続き
 規定以上の高額現金、貴金属などの外国製品、規制品等を日本から持ち出す場合は、税関カウンターで申告を行います。

【4】出国審査
 出国審査カウンターで、パスポートと搭乗券を提示して審査を受けます。

【5】出国手続き後
 出国手続きの済んだ後、搭乗ゲートまでのエリアには、免税品店やギフトショップなどがあります。ここから免税となりますので、タバコや香水などが安く買えます。

【6】搭乗ゲート
 搭乗ゲート(実際に旅客機に乗り込む入口)には、少なくとも搭乗30分前までには行き、待機するようにしておきましょう。

【7】搭乗
 搭乗時間になったら、係員の案内に従って搭乗します。搭乗券を提示して、確認をしてもらい機内へ入ります。
posted by btrip at 22:11 | 出発するとき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。